コロナ禍 第三波の到来について

 令和3(2021)・丑・年が開け8日(金)から始まった、緊急事態宣言では政府の方針が見定まらず、数日のうちに大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木、など7団体が加わり首都圏を含む11団体が緊急事態宣言の施行自治体となっています。幸い、山梨県は首都圏に隣接してはいますが、緊急事態宣言の施行は踏みとどまっています。13日(水)時点で17%(4/24病床)(httpss://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/hospital/#graph–mhlw__severe)の状況で、知事は、”現在の感染スピードに鑑み、本日(8日・金)付けで現行のフェーズ2からフェーズ3に引き上げる。各重点医療機関に対し、今後1、2週間で190床の水準を確保する。”と発表しました。
 httpss://youtu.be/ksqh6QLRh3c ← 知事の会見
 
 また、ココ好庵がある南アルプス市も注意を要する区域に区分されています。
↓*南アルプス市の感染蔓延の状況(山梨県のホームページより)
httpss://www.pref.yamanashi.jp/koucho/coronavirus/documents/shityouson.pdf

 皆様方には、この病への感染を防ぐため日々の生活に細心の注意をはらい行動されることを願います。この第3波、皆様の力で乗り切りましょう。

お知らせ(2021)に戻る

LINEで送る