お知らせ(2021)

2021年4月14日(水) 4月は人事異動の季節です。引き継ぎなどで後任者と会食をなさる際に、どうぞ、好庵をご利用ください。感染症蔓延防止対策(やまなしグリーン認証取得済)は万全ですので安心してご利用ください。
 この季節、南アルプス市内をドライブするのは、新緑に包まれた山々に囲まれた風景を爽快に駆け抜けることができ、とかく異動先の懸案で塞ぎがちな気分を払拭するのに最高のランチタイムとなること間違いなしです。

人事異動の季節

2021年3月30日(火) この3月より電子マネーの利用を始めました。
 お客様のご都合に応じてお好きな電子マネーをご指定ください。

電子マネーのご利用についてのご案内

2021年3月6日(土) 三寒四温が激しい季節がやってきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。ここのところ、気候変動の影響なのでしょうか、日々の気温の乱高下が尋常でないですね。朝はダウンのコートが必要で、昼は、Tシャツとか。体調を崩しそうで日々ヒヤヒヤ過ごす毎日です。
 南アルプス市では、春の訪れを象徴する風物詩がありまして、徳島堰沿いに植えられた桜が咲く季節です。隣町(富士川町)の、大法師(オオボウシ)公園の桜祭りが人気があります。昨年のこの時期は、コロナ禍まっただ中という状況で、お祭りは中止されていました。今年は、夜間のライトアップを中止して、規模を縮小して開催が決まったようです。
 南アルプス市の徳島堰ではイベントはありませんが、地元で人気の散策スポットになっています。

徳島堰の桜並木について

2021年2月28日 首都圏の緊急事態宣言は、予定通りの継続という状況ですね。オリンピック開催の可否とあわせ、ワクチンの接種も始まるようですが、感染症蔓延防止対応は、今しばらく続きそうですね。
 ところで、県内・甲府市では、今、梅が見頃を迎えています。農家にお伺いすると、今年は、2週間ほど花が早い様子です。甲府市には、古くから梅の名所として「不老園」という、大正時代に豪商が築いた別荘を一般に公開した庭園があります。コロナ禍という事もあって、春の訪れを感じる人々が心の癒やしを求めて訪れているようです。

梅の見頃(2021)のご案内

2021年2月14日(日) 曲輪田区でも梅の花が咲き始め、この季節ならではの風景を見せ始めています。

曲輪田区の梅の花

2021年2月10日 「十日市」が中止になっている記事を調べていて気がついたのですが、年初にその年の吉事に備えて”だるま”を購入する方が多いと思います。この”だるま”、「十日市」で購入される方が多いと伺いました。地元のローカルニュースで、コロナ禍の”だるま”の販売方法を、ドライブスルー方式でやった!とニュースを確認しました。イベントの中止もさることながら、ドライブスルー方式での”だるま”の販売という実績もたいへん珍しいことではないのかと思い、早速、クリップしておきます。

甲州十日市だるまネットde予約ドライブスルーで受取り!!の記事

ローカルニュースクリップはこちら アーカイブ

2021年2月7日 2月は、当市では全国的に知られており江戸時代には市(いち)が行われていたとされる「十日市」がある月なのですが、このコロナ禍で中止の憂き目に遭ってしまいました。
 中止となったのは、最近では、2012年に暴力団が関与する露天の出店を規制する通知が警察庁から示され、開催区の十日市場区は、長年継続出店していただいていた露天出店者の規制にともなう峻別が実質的に困難と考え、中止の決定をしました。今回のコロナ禍の中止は、それ以来、実に9年ぶりということになります。これも一つの歴史ですね。

...十日市の開催にかかる詳細

2021年1月20日 早いものでもう1月も中旬です。この日は、二十四節気の一つ大寒ですね。山梨は、年末から寒波が厳しく、氷点下の朝が連続しています。
 この季節のお蕎麦の楽しみに、とうじそば(長野県松本市由来)という食べ方があります。冷えた体を温めるのに最適です。この時期に好庵においでの際は、是非、この季節ならでは、そば文化に触れてみてはいかがでしょうか。
 なお、とうじそばのご注文には、前日のご予約が必要です。

とうじそば、とは

 小正月のこの時期、どんど焼き行事が全国的に有名ですが、曲輪田地区ではもう一つ恒例行事がありまして、獅子舞が舞いを披露する行事があります。年初め、地域の発展や安全、吉事を願い獅子が各戸を巡ります。南アルプス市の観光協会のブログでも一昨年に紹介されています。好庵でも開業以来、毎年、年始めに獅子に舞っていただいておりましたが、今年は、この非常事態宣言下のコロナ禍で、各戸巡りは中止の憂きめに遭ってしまいました。続いてきた伝統に支障が出ないことを願ってやみません。

今(2021・丑)年の獅子舞の様子

過去の獅子の舞いの様子

2021年1月16日 コロナ禍の中、令和3(丑)年が明けました。
 旧年中はたいへんお世話になりました。2020年は、歴史に残る感染症蔓延の年でした。人々は、流行病を恐れながら、一年中マスクをして過ごすという過去に経験したことのない異例の生活を営むことを強いられました。何という一年だったのでしょうか。この年、開催予定の東京オリンピックも本(2021)年に延期はされているものの、暮れから騒がしい感染症の第三波の波に翻弄され、開催そのものが危ぶまれる状況です。

山梨県の感染蔓延状況について

 また、アメリカ大統領選挙では、不正投票(郵便物による投票)の数々でトランプ大統領の再選が叶うのか1月20日(水)の就任式まで目が離せない状況ですね。
 波乱の幕開けとなった、令和3(2021)年ですが、好庵は、今年の春を迎えれば丸4年を迎えます。これも一重にお客様方のおかげと感謝しております。とくに1年前の緊急事態宣言の頃は、店の切り盛りに一抹の不安を抱かざるを得ないほど、営業状況が困窮しました。しかし、政府や山梨県の打ち出した施策等により、なんとか1年をやりくりして参りました。
 今後もコロナ禍が続き、予断を許さない状況でございますが、お客様にはお体をご自愛くださり、日々の生活に注意してこの国難を乗り切っていきましょう。好庵は、万善の感染防止対策を講じて皆様をお迎えできる体制を整えていますので、今までとおりお気軽にお蕎麦(ランチ)を召し上がりにお越しください。
 本(丑)年も、好庵を宜しくお願いします。

店主

白川郷 岐阜県 紅梅

LINEで送る